子育て

一時保育は認可外保育園と認可保育園どっちがいい?それぞれのメリットとデメリット

一時保育は認可外保育園がいいのか認可保育園がいいのか

一時保育って認可外保育園と認可保育園のどちらのほうがいいの?

そんな疑問に対しての一つの手助けになればと思い、一時保育を認可外保育園、認可保育園のどちらともで利用した私の経験談を紹介します。

あくまでも私の体験談ではありますが、なんとなくそれぞれの保育園の雰囲気をつかんでもらえれば幸いです。

  • 一時保育の利用を検討している
  • 一時保育を認可外保育園で利用するか認可保育園で利用するか迷っている
  • 認可・認可外保育園の一時保育のそれぞれのメリット・デメリットが知りたい

一時保育を認可外保育園で利用した場合

一時保育は認可外保育園がいいのか認可保育園がいいのか

一時保育を認可外保育園で複数回利用した私の経験から、一時保育を利用するときの流れと感じたことを紹介します。

一時保育を利用したい何日か前に連絡

認可外保育園の場合、一時保育をはじめて利用するときに面談などは必要がありません。

認可保育園よりも予約が取りやすく、私も今まで利用したいと思った日の1週間~数日前に電話での予約をしていました。

ふみ
ふみ
すぐに利用できるので、 「急に用事が入った!」というときに助かりますよね。

準備するものが少ない

私が利用した認可外保育園では、準備するもの・持って行くものが必要最低限という感じでした。

認可外保育園の一時保育で準備するよう言われたもの

  • オムツ1枚(オムツが取れている場合替えのパンツ)
  • おしりふき1つ
  • 上下着替え1着ずつ
  • 食事用エプロン1枚(食事ありの場合)
  • 食事(給食の利用がない場合など)
ふみ
ふみ
最長で5時間ほど利用したことがありますが、その際にも準備するものはこれだけでした。

利用料金は割高

認可外保育園なので仕方ありませんね。

1時間ごとの利用料金になりますし、どうしても一時保育の利用料金は割高に感じます。

乳児~1歳ぐらいまでは、特に手がかかるので価格も高めに設定されています(これは年化保育園でも同じ)。

一時保育を認可保育園で利用した場合

先日初めて一時保育を認可保育園で利用し、認可外保育園との違いを色々と感じました。

一時保育を認可保育園で利用するときの流れと、改めて感じたことを紹介します。

一時保育を利用するためには事前に面談が必要

まずはこれが一番認可外保育園と違うなと感じました。

認可保育園で一時保育を利用する場合、まずは保育園と保護者と預けられる子供で面談が行われます。

面談で聞かれたこと

  • アレルギーの有無
  • 食べ物の好き嫌いの有無
  • 気を付けて欲しいことはないか(子供の特徴や癖など)
  • 書類の記入(家族構成や連絡先)
  • 保険証・子供衣料のコピー提出
  • 当日の持ち物や注意事項の確認
ふみ
ふみ
「この子はうちの園では面倒みられません」とか言われるのかと思いましたが、そんなことはありませんでした(面接試験と勘違い)

準備するものが多い

一時保育で認可保育園を利用した場合、圧倒的に準備するものが多かったです。

認可保育園の一時保育で準備するよう言われたもの

  • オムツ6枚(オムツが取れている場合はパンツ3枚)
  • おしりふき
  • おしりふき用のタオル
  • バスタオル2枚
  • ハンドタオルかお手拭き3枚
  • パジャマ1着
  • 上下着替え3着ずつ
  • 食事用のエプロン3枚
  • 帽子
  • 水筒
ふみ
ふみ
タオルと着替えの枚数がすごい!

認可保育園の場合、多くの場合園庭や遊具がありますよね。

園庭で汚れたりする場合も多いため、どうしても替えが多くなるのだと思います。

(反対に認可外保育園は園庭があるケースはまれですよね。私が利用したことのある2つの認可外保育園にはどちらも園庭はありませんでした。)

利用料金は割安

認可保育園の利用料金は、認可外幼稚園に比べるとやはり割安です。

1時間の利用もできますが、保育園が開いている間なら5時間・8時間とパック料金のように利用できたりするのでお得感もあり。

予約が取りにくい

認可保育園の一時保育利用は、認可外保育園より圧倒的に予約が取りにくいです。

また、認可保育園によっては人気過ぎて予約が取りにくいという理由から、「リフレッシュのための一時保育の利用は不可」という園もあるんだとか。

一時保育を認可外保育園で利用するメリット・デメリット

一時保育は認可外保育園がいいのか認可保育園がいいのか

私が実際に認可外保育園で一時保育を利用して思ったメリットとデメリットをそれぞれまとめました。

認可外保育園のメリット・デメリット

メリット

  • 認可保育園よりも予約が取りやすい。
  • 利用前に面談が不要。
  • 準備するものが必要最低限でシンプル。
  • 認可保育園よりも、利用できる時間帯が幅広いことが多い。(早朝や夜なども利用できる園もある)
ふみ
ふみ
突然用事が入ってしまった時や、緊急時に心強いですね!

メリット

  • 利用料金が割高。

一時保育を認可保育園で利用するメリット・デメリット

メリット

  • 料金が割安
  • 月齢別・年齢別に分けられているので、子供が同じくらいの年頃の子と集団生活を送ることができる。
  • 面談などを通して、子供の性格や特徴に対しての保育内容の事前打ち合わせができる。
ふみ
ふみ
前々から予定が分かっているときには、認可保育園の利用がおすすめ!

デメリット

  • 初めての利用の場合は面談が必要になる。(急に予約ができない)
  • 予約が取りにくい。

一時保育を利用するなら認可外保育園と認可保育園のどっちがいい?

一時保育は認可外保育園がいいのか認可保育園がいいのか

一時保育の緊急時の利用には認可外の保育園前々からわかっている予定やリフレッシュ利用なら認可保育園の利用がおすすめです。

ふみ
ふみ
我が家の場合、本当は料金の面から認可保育園をいつも使いたいけど・・・
夫
  認可保育園は、なかなか予約取るのが難しいみたいだね。

また、「子供を集団生活に慣れさせたい」「同じ年頃の子供と過ごさせてみたい」という場合にも、認可保育園を利用するのがおすすめですね。

ふみ
ふみ
認可外保育園の場合、乳幼児の子から年長さんくらいの子まで幅広い年齢層の子供が一つの部屋で過ごしていることがほとんどです。
夫
それはそれで楽しそうだけどね。

認可保育園より、認可外保育園の保育時間帯が幅広いことがほとんどなので(中には24時間保育可能な施設もあります。)

早朝や夜に利用したい!という場合は認可外保育園で一時保育を利用しましょう。料金は割増しになるので、利用する園に確認してみてくださいね。

利用する目的に合わせて一時保育を利用しよう

一時保育を利用するときには、認可外保育園・認可保育園それぞれの特徴をあらかじめ押さえておいて、目的に合わせて利用しましょう。

ふみ
ふみ
周りに子供を預かってくれる家族や親せきがまったくいない私は、ものすごく助かっています!